HOME>スノースクート・スノーモト

SNOW SCOOT & SNOW MOTO 

スノーモトとスノースクート、共にスノーバイク、雪上自転車などと呼ばれ自転車の様な車体にボードを取り付けた乗り物です。スキー、スノーボードとの大きな違いは、履くではなく乗る(跨る)所 そしてスノーボードやスキーのように バインディングにがんじがらめにされないためとても自由な感じがします。また、ハンドルが付いているためターン(カーブ)がし易く入門者でも短時間で滑走できるようになるのも大きな特徴です。入りやすくて奥が深い!そんなスノースクート、スノーモトを貴方もはじめませんか?
*スノースクートとスノーモトの違いはシートブームが付いているか、いないかの差です。大きな意味で同じ乗り物でメーカーが違うだけと考えて良いでしょう。

スノースクート

スノーモト

歴史

スノースクートは1991年フランスで生まれ1995年に日本上陸年々その数を増やしています。 考案者フランク ペテゥドがBMXのフレームにスノーボードを切って取り付け滑ったそうです。 2004年にアメリカ クライトン社が発売。2005より日本のSAIが輸入販売。2007年よりSAI社が企画しメタルワークスブランドで販売。

メーカー

Jykk Japan(ジックジャパン) 東洋システム(ウェラ) Insane Toys(スイス現在日本では販売されていません)

SAI(メタルワークス)

フレーム

写真の様に三角形のフレームにフロントフォークが付いています。フレーム後部の少し跳ね上がった部分は、リヤボードが折れるのを防いでいます。最近はJykkのF.F.F.Sの様にフレームの撓りを生かす方向になっています。2015モデルよりボードが簡単に外せるSAS(スマートアタッチシステム)採用のモデルも登場。 シートブームがスノーモトフレームの最大の特徴です。一見座って乗る様に見えますが、座って乗るのはすごく大変で、乗るときは立って乗ってくださいと言う注意書きもあります。シートブームは、モトを倒しこむときに足で押したり、バランスを失いかけた時に両足ではさんだりします。バイクで言うニーグリップです。なお、フード付リフトに 乗車する場合はシートブームを下げます。

ボード

前後の長さの比率がおおよそ3:7で幅は太め(一番太いところで27cmぐらい)色々なメーカーから形、長さの異なった種類のボードが販売されてい ます。2013モデルより、ロッカー構造やワイドボードなどのの高性能ボードの登場で滑走範囲の幅が広がりよりいっそう楽しめるようになりました。パウダースノ専用ボードも有ります。 発祥当初は前後ボーの長さの比率が5:5で同じ物のみを使用していましたが2011年モデルより前後非対称ボードのモデルも登場。パウダースノ専用モデルも有ります。

特性 ビンディングが無いと言うのがスキー、スノーボードと比較すると大きな違いです。

乗り方 スノースクート スノーモト

運び方

HOME