HOME>スノースクート乗り方
スノースクート乗り方
スノースクートは、スノースポーツの中で一番すぐ乗れてしまうスポーツです。始めての方でも半日ぐらいで乗れてしまいます。転倒を恐れずにどんどん乗ることが、上達への近道です。曲がる,止まるは、ハンドルに頼らず、ボードやスキーの 様にに板を傾けエッジを効かせて行います。
1、ターン
スクートにはハンドルがついていますが、ハンドルはあくまでもきっかけを作ったり微調整をするものと考えてください。スクートを寝かせることによりターンをします。自転車やバイクと同じ要領です。ターン中に足を押し出すとリアソールがスライドしスピードが弱まります。 回る内側に足でデッキを踏み、外側のすねでフレームを押すと楽に倒しこめます。

 

2、止まり方  
止まり方はターンの延長です。スクートを更に寝かし足を押し出します。ハンドルを少し反対側に切るとより止まりやすいでしょう。

 

3、リフトの乗り方    

1.両手でハンドルを持ち、片足をストラップに入れておく。

2.リフトの位置を確認

3.リフトが来たら座る。

4.この時ハンドルが前にもって行かれるようになりますが、別に問題ありません。(慌てない様に!) 5、スクートが浮いたら、ハンドルを引き付けます。セーフティーバーが有るときは,ハンドルの片方をバーに乗せると楽です。

HOME